論理的思考力を高める

更新日:2020年1月24日


前回は

ローコンテクスト

コミュニケーションにおいて



② 表現力を高める



方法を

お伝えしました。

(記事はこちら★



ローコンテクスト

コミュニケーション



においては

自分や相手のバックグランドを

”言語”

を通じて

伝える必要があるので



① 対話力を高める

② 表現力を高める

③ 論理的思考力を高める



ことが重要になってきます。



今回は



③論理的思考力の高め方



についてお話して参ります。



論理的思考力は

3つの要素に支えられています。



1. 読解力

2. 結論⇒理由の順に述べる

3. 語彙力



相手を論理的に

理解させて納得させるためには

まずは自分自身が

しっかり理解していることが

必須になります。



それにはまずは

1. 読解力が欠かせません。





書き手や話し手が

伝えたいことを

正確に汲み取ることが

求められます。



また、読解力がある人は

人の気持ちやその場の雰囲気を

掴める人でもあります。



英語に限らず

人とのコミュニケーションを

支えるのに必須の能力が

読解力な訳です。



次に

論理的思考をする際には

2. 結論のあとに

理由を述べることが

大切です。





日本の義務教育における

作文では起承転結での書き方が

進められますね。



しかし、欧米圏における

コミュニケーションにおいては

この起承転結で話を進めていると

論点が見えにくく

結局何が言いたいの?と

なる場合があります。



グローバル社会においては

結論を先に述べることが

求められるので

これにはある程度

練習が必要だと思います。



さらに!

欧米圏の

コミュニケーションにおいて



意見を変えること



はご法度。

主張は一貫していなければ

ならないのです。



最後に

論理的思考力を

支える要素として

最も重要と言えるのは

3. 語彙力





これは言わずもがなですね。

相手に伝わりやすい

単語選びや言い回しは

日本語でも英語でも同じこと。



回りくどい

言い回しをするのではなく

シンプルかつ的確な

単語・語彙を選んで

相手に真意を伝えるためには

語彙力の強化が欠かせません。



以上のように、


1. 読解力

2. 結論⇒理由の順に述べる

3. 語彙力



これらの能力を

意識して伸ばす必要があります。



ローコンテクスト

コミュニケーション

においては



ある質問に対して

論点をしっかり理解していないと

十分にこちらが伝えたいことが

相手に伝わっていないことが

多いからです。



例を挙げていきますね。

2. 結論を先に述べた方が

良かった事例です。



ある時、アメリカンの

お友達親子から

パーティーに

誘われたことがあります。




その日はすでに予定があったので



”お誘いありがとう。

でもその日は近所の子供たちが

家に来ることになっているから

行けないわ。

スーザンありがとう。”



Thank you for the invite!

Actually, my neighbors are supposed to come to visit us on that day.

So I'm afraid I cannot make it.

Thank you, Susan.



と返事しました。

すると、



じゃあピザパーティーは

来れないってことね?

合ってる?



Then, no Pizza party,

correct?



と返信が来ました。

つまり



行けないこと=結論



をまず最初に伝える必要が

あった訳ですね。



日本人はとかく

返事を曖昧にしがちですよね。

私も例にもれずで



Yes or No?



と渡米当初は

よく言われていました・・・苦笑



一説によると

東海岸の方が

yes / no ハッキリしていて

西海岸側だと日本人のように

社交辞令もあるとか。





私は西海岸側に住んでいましたが

確かに、あれ?

1回目あんなに嬉しそうだったのに

2回目以降はつれないなぁと

思うこともあったりなかったり。



地域性があるのは

万国共通のようですね。



いずれにしても

YesなのかNoなのか

結論を先に述べることは

国際社会における

ルールの1つと捉えて

良いと思います。



他にも

2.理由を述べる例を

挙げますね。



渡米半年後に